【保存版】フリーランス美容師って儲かるの?メリット・デメリットを徹底解説

美容室の正社員として働くのではなく、一人でフリーランス美容師として働きたいと思ったことはありませんか?
フリーランス美容師になりたいと漠然と考えた時、仕事としてやっていけるのか悩んで結局踏み出せない人は多くいます。
また、フリーランス美容師として具体的な働き方が分からず諦める人もいます。
一人で働かなければいけない分、フリーランス美容師は美容室に勤めるよりもリスクが大きいです。
しかし、メリット・デメリットを理解して計画的に独立すれば失敗する確率も低くなります。
そこで今回は、フリーランス美容師として働くメリット・デメリットなどをまとめて解説します。

【業務委託・面貸し】フリーランス美容師とは?働き方を解説

フリーランス美容師の働き方についてくわしく解説します。

フリーランス美容師の働き方は1つじゃない?主な働き方を解説

フリーランス美容師とは美容室の従業員としてではなく、独立して働いている美容師のことを言います。
働き方は様々ですが、大きく分けると次のようになります。

  1. 業務委託
  2. シェアサロン・面貸し
  3. 訪問美容師
  4. 自分の店舗を持つ

業務委託で働く場合、美容室と業務委託契約を結んで美容室に来たお客さんを相手に仕事をします。
売上の何割かを報酬として得られるだけでなく、最低保証額として仕事がない場合でも報酬がもらえるのが大半です。

シェアサロン・面貸しは、フリーランス美容師が自分で仕事をするサロンを見つけて仕事をする働き方です。
シェアサロンはサロン全体がレンタルスペースになっていて、設備や備品などをレンタルして仕事をします。
面貸しは美容室として営業する店舗の一席をレンタルして働く方法です。
業務委託とは違い、美容室のお客さんを相手に仕事はしません。
また、報酬を美容室から貰うわけではなく反対に利用料を美容室に支払います。

業務委託とシェアサロン・面貸しでの働き方が、フリーランス美容師の場合は多いです。
その他、色々な理由で美容室に行けない人の家に訪問して仕事をすることや自分の店舗を持って働くフリーランス美容師もいます。
ただし、自分の店舗を持って働くのはフリーランス美容師のくくりに入れないことも多いです。

フリーランス美容師の働き方はそれぞれ特徴が違う?

フリーランス美容師の働き方は、それぞれ特徴が違います。
業務委託は美容室と業務委託契約を結ぶ働き方ですが、美容室のお客さんを相手に仕事をするため集客の必要がありません。
また、仕事がなくても最低限の報酬を貰えることもあるのでシェアサロンや面貸しのように収入がゼロになる可能性が低いのが特徴です。

シェアサロン・面貸しの場合は仕事場をレンタルして、自分で集客から施術まですべてするのが特徴になります。
また、集客を自分でしなければいけないので仕事がなければ収入がありません。
業務委託よりも少し収入が不安定になりやすく、自分から動く力が必要になるのもシェアサロン・面貸しでの働き方の特徴です。

このように、フリーランス美容師の働き方にはそれぞれ特徴があるので自分にあった働き方を選ぶのが大切になります。
また、将来的に店舗を持ちたいなど明確な目標がある場合はとくに最初に選ぶ働き方が重要です。
どうやって目標を達成するのか、計画を立てながら働き方を決めるのがおすすめです。

副業や扶養内でフリーランス美容師として働くのは可能?

フリーランス美容師になりたい人の中には、副業や扶養内で働きたい人もいると思います。
とくにフリーランス美容師の働き方はないので、フルタイムではなく週に何日か働いたり時短で働くことも可能です。
シェアサロンや面貸しの場合、料金形態がサロンごとに違ってくるのですが副業や扶養内の場合は時間制で借りるのがおすすめです。
月額だとフルタイムで借りた方がお得になることが多いのですが、月に働く時間が短いとコストがかかることもあります。
時間制の料金と月額制の料金を比べ、コストのかからない方を選ぶようにしましょう。
ただし、シェアサロンや面貸しの利用料は必要経費に入ります。
経費計上できるため、扶養内で働く場合は所得の計算に注意しましょう。

【収入・将来】フリーランス美容師のメリット・デメリットは?

フリーランス美容師として働くうえでのメリット・デメリットについてくわしく解説します。

フリーランス美容師になるメリットは?

フリーランス美容師になると考えられるメリットは次の通りです。

  1. 働けば働くだけ収入が増える
  2. 比較的自由度の高い働き方ができる
  3. アイディアを仕事に取り入れやすい
  4. 人間関係の煩わしさが少ない
  5. 経営の経験が積める

まず、フリーランス美容師になると固定収入ではなくなるため働けば働くだけ収入が増えます。
うまく仕事を増やせれば、美容室の従業員として働くよりも稼げる可能性があるのがフリーランス美容師のメリットの1つです。

2つ目のメリットが、フリーランス美容師は比較的自由度の高い働き方ができることです。
勤務時間を決められる他、業務契約でなければ自分でメニューやメニュー価格、仕事場なども自由に決められます。
また、自由度の高い働き方ができるため自分のアイディアを仕事に取り入れやすいのもメリットです。
施術方法や宣伝方法など、アイディア次第で仕事の幅を広げられます。

次のメリットが一人で働くのが基本のため、人間関係の煩わしさが少ないです。
お客さんとの関係はありますが、美容室の従業員同士の付き合いなどに振り回されることはありません。
ただし、業務委託で働く場合は美容室の従業員さんとの関係を築くのも大切になります。

最後のメリットが、将来は自分の店舗を持ちたい場合に経営の経験が積めることです。
自分の店舗を持つと、お店を維持するために経営の知識が必要です。
面貸しやシェアサロンは店舗を借りたり建てる資金を節約し、スペースをレンタルして仕事ができるので低リスクで経営の経験を積めます。
面貸しやシェアサロンで働きつつ、宣伝や売上・経費の管理などを経験してスキルアップを目指す人も多いです。

反対にフリーランス美容師になるデメリットは?

フリーランス美容師になると考えられるデメリットは次の通りです。

  1. 収入が不安定になることが多い
  2. 雇用保険が無くなる
  3. 基本的に集客を自分でしなければいけない
  4. 自分を売り込む能力が必要になる
  5. 自己管理できないと難しい

まず、フリーランス美容師になると固定給が無くなるので収入は不安定になりやすいです。
また、雇用保険が無くなるので失業しても失業手当などはありません。
もしもに備えて、フリーランス美容師になる前に貯金をしておいたり、個人的に保険に加入しておくのも良いでしょう。

次に考えられるデメリットが集客を自分でしなくてはいけない点です。
従業員なら美容室に来たお客さんを相手に仕事をすればよいのですが、フリーランス美容師の場合は業務委託ではない限り自分で集客しなければいけません。
もし、全くお客さんがいなければ収入もなくなるのでフリーランスになる前に集客の当てがないと仕事を続けるのは難しいです。

集客を自分でする点にも繋がりますが、フリーランス美容師には自分を売り込んで仕事を取ってくる能力が必要になります。
フリーランス美容師になると集客だけでなく、仕事場を探したり宣伝方法を分析したりと自分から動く場面が増えます。
そのため、自分から動くのが苦手な人にはフリーランス美容師は大変です。
反対に自分から動くのが得意な人にはフリーランス美容師が向いています。
ただし、やみくもに動くのではなくどうすれば集客に繋がるのかを分析して動く必要があるので注意しましょう。

自己アピール力だけでなく、自己管理能力もフリーランス美容師には必要です。
自由度が高い働き方なため、自己管理がきちんとできる人でないとフリーランス美容師は難しいのもデメリットになります。

フリーランス美容師としての働き方によってメリット・デメリットは変わる?

フリーランス美容師のメリット・デメリットは働き方によって変わることがあります。
例えば、業務委託で働く美容師の場合は美容室内で美容室に来たお客さんを相手に仕事をするので自由度は下がります。
しかし、集客の必要がなかったり仕事の形がある程度決まっているので自分から動く能力は完全に一人で働く場合よりもいりません。
また、報酬も最低限貰える額が決まっていることも多いので収入が不安定になる可能性もシェアサロン・面貸しで働くよりも低いです。
このように、同じフリーランス美容師でも契約内容や働き方によってメリット・デメリットが変わってくるのを覚えておきましょう。

今後、フリーランス美容師は増えていく?美容師の人数と共に解説

フリーランス美容師は今後増えていくのが、美容師の人数と需要の観点からくわしく解説します。

フリーランス美容師は今後増えていく?美容師の人数と共に解説

フリーランス美容師は自由な働き方ができるため、年々需要が増えていくと言われています。
平成27年の時点で49万6,697人の従業美容師がおり、それから毎年のように美容師免許を取得者は増えています。
美容所の数も年々増加傾向にありますが、近年はお客さんの数に対して店舗の増加が懸念されているのが現状です。
美容室が増えているため、フリーランス美容師の需要はないと思うかもしれませんが反対に需要が増えるとも考えられます。

現在、多くの美容所があるので集客のためには店舗ごとの差別化が必要です。
また、お店が増えればそれだけ美容師が必要になります。
フリーランス美容師の場合、一旦は美容室で働いた経験のある人が多いです。
そのため、美容師建研のある即戦力が欲しい美容室なら業務委託として多少高い金額でも契約したいと思う美容室はあります。
業務委託の方が通常の雇用よりも収入が高くなりがちなのは、即戦力として能力の高い美容師と契約したい店舗が多いのも理由の一つです。

また、現在ニーズの多様化によってターゲットを絞った集客によって顧客を獲得するフリーランス美容師もいます。
SNSの普及によって、不特定多数の人にアピールしやすい世の中になっていることもあり一人で独自の集客をして働きたい美容師は増えつつあります。
仕事が増えれば増えるだけ稼げる魅力もあり、今後はフリーランス美容師が増えていく可能性はあるでしょう。

(参考:厚生労働省「美容業概要」

今後、フリーランス美容師が増えていくと働き方は変わる?

今後、フリーランス美容師が増えていくと需要にともなってシェアサロンや面貸し可能なサロンが増えていくと考えられます。
フリーランス美容師として働くことが一般的になれば、その文働きやすい環境も整えやすくなることも多いので働き方も変わってくる可能性があります。
例えば、シェアサロンが増えて行けばサロンごとに差別化を図るためにサービスの良い施設が増える可能性は高いです。
また、利用者が増えて規模の大きい施設が出てくると平均的な利用料が下がることも考えられます。
フリーランス美容師の働き方が一般的になるほど、働き方も多様になっていく可能性もあります。

アシスタントもフリーランス美容師になれる?需要や働き方をふまえて解説

アシスタント専門でフリーランス美容師になれるのか、需要や働き方をふまえて詳しく解説します。

アシスタントでもフリーランス美容師になるのは可能?

アシスタントとして美容室で働いていて、フリーランス美容師としてキャリアアップしたい人もいると思います。
結論としては、美容師の免許を持っていればフリーランス美容師にはなれます。
ただし、アシスタントのみで美容師としての実績がない場合は仕事を取ってくるのが難しいです。
顧客が全くいない状態からフリーランス美容師になる場合、業務委託として一度経験を積むのもおすすめです。
ある程度の集客が見込めるようになってから、シェアサロンや面貸しを利用して働くのも良いでしょう。

フリーランスのアシスタントとして働くことはできる?

アシスタントとしてフリーランスになりたいと思った場合、可能なのか考えたことがある人もいると思います。
これも需要の問題で、アシスタントと業務委託契約したい美容室やフリーランス美容師が増えれば可能です。

現在でも、美容室でアシスタントと業務委託契約したい美容室があれば働けます。
また、フリーランス美容師と働いていて人手が足りなくてアシスタントを使いたい人も中に入るかもしれません。
アシスタントのフリーランス美容師として働きたい場合は、アシスタントを必要としてそうな人に直接営業をかけてみるのも手段の一つです。

【美容室・シェアサロン】フリーランス美容師におすすめな働く場所ってある?

フリーランス美容師におすすめな働く場所についてくわしく解説します。

【美容室・シェアサロン・面貸し】フリーランス美容師の仕事場の種類とは

フリーランス美容師の主な仕事場は次の通りです。

  1. 美容室
  2. シェアサロン
  3. 自宅
  4. 訪問場所

まず、業務委託や面貸しの場合は美容室が仕事場になるのが基本です。
美容室の一角で仕事をするため、美容室の従業員との関係や利用の仕方が大切になります。

次に考えられるのがシェアサロンです。
シェアサロンの場合、サロンごとに利用規約やシステムが変わってくるため自分にあった店舗を選ぶのが大切になります。

次に自宅を仕事場代わりに使用しているフリーランス美容師も中にはいます。
ただし、美容所登録が必要だったり、美容所としての規則にあわせて改装する際に費用がかかるなどのデメリットがあるので覚えておきましょう。

最後に訪問型の美容師など、特定の仕事場を持たない働き方もあります。
呼ばれた場所で仕事をするため、臨機応変に動ける人に向いています。

フリーランス美容師におすすめなのは?シェアサロンと面貸しの違いとは

フリーランス美容師として、シェアサロンや面貸しを利用して働く人は多いです。
どちらも場所をレンタルして働きますが、シェアサロンはレンタル専門の施設で面貸しは美容室として営業している店舗の一角をレンタルします。
そのため、働き方は違ってくるので注意しましょう。
面貸しの場合、美容室で働く感覚に近いのですが美容室側とのトラブルが起こる可能性があります。
あくまでも席をレンタルするシステムのため、美容室側が従業員として扱ってくる場合はトラブルになるので注意が必要です。
面貸しで働く際は、美容室の従業員ときちんと線引きをしてくれる店舗を選びましょう。

【集客・宣伝】フリーランス美容師に転身して失敗しないためのポイントは?

フリーランス美容師に転身して失敗しないためのポイントについてくわしく解説します。

フリーランス美容師が失敗しないためのポイントは?

フリーランス美容師が失敗しないためのポイントは次の通りです。

  1. 自分にあった働き方を考える
  2. 働きやすい仕事環境を整える
  3. 集客や宣伝方法を事前に考える
  4. 計画的に働く

フリーランス美容師になりたいならまずは、自分にどんな働き方があっているのか考えることから始めましょう。
事前に働きやすい仕事環境について考え、働き方や仕事場を選択するのが大切です。
また、集客や宣伝についても事前に考えておきましょう。
ターゲットにあわせた宣伝をして集客をしないと、フリーランス美容師の場合は基本的に収入がありません。
フリーランス美容師として働いて行けるのかもふまえて、集客や宣伝について現実的に考えておく必要があります。

これらのポイントをふまえて、フリーランス美容師になる前には細かく事業計画を立てるのがおすすめです。
長期的・短期的な目標を立てて、目標達成のためにどのくらいの収入が必要なのか、集客人数はどのくらい必要か、宣伝方法はどうするのかなど働くうえでの道筋を細かく作っておくと失敗しにくくなります。
それだけではなく、1ヶ月単位の短期的な計画を立てておけば目標達成率などを分析して計画を軌道修正しやすいので試してみてください。

フリーランス美容師は集客できないと難しい?その理由とは

フリーランス美容師は集客数が収入に直結します。
ある程度フリーランス美容師になる前に集客の当てがないと、収入が不安定になる可能性が高いので働いていくのが難しくなります。
顧客がすでにまとまった人数いるなら良いのですが、そうでなければ本当に集客できる能力が自分にあるのかを考えてみてください。

集客にはSNSやポータプルサイト、マッチングサービスなどが利用できますが、ターゲット層にあわせた宣伝方法をするのが大切になります。
想定する属性のユーザーに向けて発信していくのが基本で、他の美容師さんがどんな宣伝をしているのかを調べて参考にするのもおすすめです。

将来的な見通しが立つまで副業でフリーランス美容師をするのもあり?

将来的な見通しが立つまで副業としてフリーランス美容師をする場合のメリット・デメリットについてくわしく解説します。

フリーランス美容師になる前にまずは副業として働く人も

フリーランス美容師として仕事をするのが不安な場合、まずは副業として休日に数時間だけお試しで働いてみるのも良いでしょう。
シェアサロンや面貸しを利用して、週に1日数時間の副業からフリーランス美容師としてのノウハウを学んでいくのもおすすめです。
また、完全にフリーな状態で働くのではなく美容室と業務委託で働きつつ集客などの計画を立てて独立の準備をするのも一つの手段です。
フリーランス美容師に一気になるとリスクが大きいため、集客ができないようであればひとまず副業から始めたり業務委託で働く方がリスクは低くなります。
一度仕事をやめてしまうと同じような仕事に巡り合えない可能性もあるため、退職する前によく考えてみてください。

将来的な目標を立ててシビアに現在の自分の能力を分析しよう

フリーランス美容師は業務委託で働く場合も含め、将来的なビジョンをある程度描けないと難しい働き方です。
リスクが高い選択のため、どうやったら少しでも収入を安定させられるのかを考えることが大切になります。
また、自分の能力や将来設計をシビアに考えるのも大切です。
特に自分の能力は客観的に分析し辛く、評価が甘くなりがちなので注意してください。
事業計画を立てる場合は最悪の場合も考えながら、なるべく軌道修正しやすいようにしておくのがおすすめです。

フリーランス美容師はデメリットも大きい!続けられるかシビアに考えよう

フリーランス美容師として働く場合、収入が不安定な状態から始まるのが大半です。
ここから、徐々に顧客を増やして安定した収入を得られるようにしなければいけませんが自分から動ける人でないとなかなか集客できません。
集客や宣伝が上手くいかずに仕事がないと赤字になることも多いので、固定給のある仕事よりもフリーランス美容師はリスクがあります。
また、雇用保険もないため業務委託で働いていても仕事がなくなればとくに保障はありません。
その他にも、上手く収入を得られなければフリーランス美容師としてやっていくのは難しくデメリットも大きいです。
もし、将来的には自分のお店を持ちたいなど明確な目標がある場合はフリーランス美容師を続けられるのかをまずはシビアに考えましょう。

【保存版】フリーランス美容師って儲かるの?メリット・デメリットを徹底解説 【保存版】フリーランス美容師って儲かるの?メリット・デメリットを徹底解説