【保存版】フリーランス美容師は集客が重要!顧客の増やし方やおすすめの集客方法を徹底解説

フリーランス美容師になりたいと思った時に気になるのが、きちんと収入を得られるのかです。
美容室の従業員ではなく、フリーランスとして美容師の仕事をするとなると集客を自分でしなければいけません。
集客が上手くいかなければ、収入も得られずに仕事が成り立ちません。
また、報酬を増やしていくためには顧客を増やしていく必要があります。
では、フリーランスの美容師が集客するためにはどうすればよいのでしょうか?
そこで今回は、フリーランス美容師が顧客を増やす方法や集客方法についてまとめて解説します。

お客さんがいない!フリーランス美容師は集客が重要な理由とは

フリーランス美容師は集客が重要な理由についてくわしく解説します。

フリーランス美容師にはどんな働き方がある?

フリーランス美容師には次のような働き方があります。

  1. 業務委託
  2. 面貸し・シェアサロン
  3. 自分の店舗を構える

この3パターンのうち、業務委託は自分で集客をする必要がありません。
業務委託は美容室と業務委託契約を結び、美容室に来たお客さんを相手に仕事をする働き方です。
集客は美容室がしてくれるため、業務委託は集客の必要がないのがメリットです。

その他、面貸し・シェアサロンを利用して働いたり自分の店舗を構える場合は自分で集客しなくてはいけません。
最近はフリーランス美容師になってすぐに自分の店舗を構えず、面貸しやシェアサロンを利用して開業資金を節約する働き方の人が増えています。
店舗を構える働き方と違い、面貸しやシェアサロンの場合はふらっと美容室に立ち寄るお客さんはいないため基本的に予約制の働き方になります。

多くのフリーランス美容師は集客を自分でする必要がある!

業務委託で働くケース以外、基本的にフリーランス美容師は自分で集客をします。
店舗を構えて仕事をする場合はたまたま立ち寄るお客さんがいます。
しかし、面貸しやシェアサロンの場合はまず美容師として仕事をしていると知ってもらうことから始めなければいけません。
自分を売り込み、PRすることで集客をする必要も出てくるのでフリーランス美容師の集客はとても大切になります。
まずはフリーランスになる前に、集客の当てがあるのかや自分に集客ができるのかを考えておきましょう。
また、フリーランス美容師は自分から動く機会がとても多いです。
自分からお客さんを集め、施術をして、売上や経費の管理をしなければいけません。
すべて自分でやることになるので、自分から動くのが苦手な場合はフリーランスとして働くのが難しくなります。

お客さんがいない!フリーランス美容師になる前に考えたいこととは

フリーランス美容師になる前に、考えておきたいのがどうやって収入を得るのかです。
すでに説明したように、フリーランスの美容師の大半が集客を自分でしなければいけません。
もし、集客できなければ収入は得られないのでフリーランス美容師になるのは難しいです。
そのため、まずはどうやって仕事を成り立たせるのかを考えましょう。
現時点で集客の目処が立たなかったり、自信がない場合は業務委託で働くのもおすすめです。
どうしてもフリーランス美容師になりたいなら、美容室に集客をしてもらえる業務委託で働きつつ集客について学ぶのも良いでしょう。

フリーランスの美容師として働けるかは集客できるかにかかっている!

フリーランスの美容師として働けるかは自分で集客できるかが一番重要です。
美容師はヘアカラーやヘアカット、パーマなど自分の技術を商品としてお客さんに買ってもらわなければいけません。
シェアサロンや面貸しで働く美容師の場合、店舗を構えているわけではないので通常の美容師よりもさらに商品である技術を売り込むのが難しくなります。
フリーランスになりたての美容師の場合、どのくらい固定客がついているのか考えてみるのも良いでしょう。
そこから、仕事として成立する数の顧客を集めるための方法を具体的に考えていくのが大切です。

【ブログ・SNS】フリーランス美容師はどうやって集客すればよい?

フリーランス美容師の集客方法についてくわしく説明します。

フリーランス美容師におすすめの集客方法は?

フリーランス美容師におすすめの集客方法は次の通りです。

  1. SNSやブログ
  2. ポータルサイト
  3. マッチングサービス
  4. 知り合いやお客さんの紹介

まず、フリーランス美容師の集客で便利なのがSNSやブログなどの媒体で自分の技術をアピールする方法です。
InstagramやTwitterなどのSNSにヘアカラーやカットなど、自分が施術をした髪型を投稿することで幅広い人に技術をアピールできます。
また、ブログやホームページなどにヘアカラーやカットをした画像をのせるのも良いでしょう。

他にも、インターネットを利用する方法としてはポータルサイトやマッチングサービスを利用する方法もあります。
シェアサロン・面貸しで働くなら、美容ポータルサイトに掲載されている店舗を選んで利用するのも良いでしょう。
シェアサロンや面貸しの中には、美容ポータルサイトを利用して美容師個人の予約ができる店舗もあります。
他にも、ネットを利用した方法ではシェアサロンや面貸しで働く美容師とお客さんとのマッチングサービスも便利です。

インターネットを使用しない場合だと、知り合いの美容室を経営する人やお客さんから美容師を探している人を紹介してもらう方法です。
お客さんを紹介してもらう方法はネットを利用する方法よりも、人の懐に入っていく能力が必要になります。
向き不向きはありますが、手堅い方法なので試してみてください。

集客には宣伝も必要!自分がカットやヘアカラーをした髪型を利用しよう

集客をしたいと思った時、まず大切になるのがまだ自分のことを知らない人に自分を売り込むことです。
どんな技術を持った美容師なのか、まだお客さんではない人には宣伝をしないと知ってもらえません。
どんなことができるのか、美容師なら得意な髪型など自分をアピールできる画像や動画を利用するのがおすすめです。

例えば、SNSやブログに実際にヘアカラーやカットをした髪型の画像や動画をアップすれば不特定多数の人に見てもらえる可能性があります。
また、実際に施術をしている動画をYouTubeにアップする人もいます。
SNSなどに自分の技術を知ってもらえる画像や動画をアップすることで、お金をかけずに宣伝できるのがメリットです。
どんな宣伝をすればいいのか分からない人は、まず自分をPRできるような画像や動画を利用して宣伝してみましょう。

不特定多数に情報を拡散して集客するならSNSやブログがおすすめ

不特定多数の人に自分を知ってもらいたいなら、SNSやブログなどで情報を発信するのがおすすめです。
ブログの場合はSEOを上手く利用すれば、ターゲットを絞った集客も望めます。
SNSも上手くターゲット層の目に留まれば、不特定多数の人に情報を拡散してもらいやすくなるのでおすすめです。

自分が施術をした髪型をアップするなら、ターゲット層の目に留まるような画像や動画を使用するのが大切です。
そのためには、事前にどんな人が顧客になるのか細かくイメージをしてターゲットをある程度絞るのも良いでしょう。
とくにフリーランス美容師が一人で働く場合、こなせる仕事の数が限られるのでターゲットを絞るのも重要になります。

固定客を着実に増やしたいならお客さんを紹介してもらうのもあり

固定客を着実に増やしたい場合、おすすめなのがお客さんを知り合いなどから紹介してもらうのもおすすめです。
お客さんの友達や知り合いを紹介した貰うなど、地道な方法ですが着実に固定客を増やせます。
口コミで徐々にお客さんを増やす方法でも、どんどん紹介してくれる人を増やしていけるのであれば堅実な集客方法になります。
着実にお客さんを増やしていきたい場合は、知り合いからの紹介も試してみてください。

【収入・ノルマ】フリーランス美容師の顧客の増やし方とは

フリーランス美容師の顧客の増やし方についてくわしく説明します。

フリーランス美容師は顧客を徐々に増やすのも大切

フリーランス美容師になると集客が大切になりますが、まずは収入を安定させることを考えましょう。
一定数の顧客が望め、一定の売上を出せるようになってきたらさらに顧客を増やしていくのも大切です。

基本的に集客をしても、そこからリピーターになってくれるお客さんは少数です。
収入を安定させるためには、常に集客をしながらリピーターを徐々に増やしていかなければいけません。
リピーターになった顧客を着実に増やしていくことで、安定した収入を望めるようになります。

リピーターを増やすためにフリーランス美容師ができることは?

リピーターを増やすためには、まずはとにかく集客をしてお客さんを増やすことが大切です。
例えば10人に1人がリピーターになってくれるとしたら、単純に集客人数が100人なら10人のリピーターが増える計算になります。
集客人数を増やせば増やすだけリピーターが増える可能性が上がるので、まずはなるべくたくさんの仕事をこなしましょう。

また、集客する際にターゲットを設定するのも大切になります。
自分の得意な髪型や施術からターゲットになるお客さんを設定し、イメージしたお客さんに向けた宣伝や売り込みをしましょう。
ターゲットにあわせた髪型の画像や動画をSNSなどにアップしたり、メニューを決めるのも集客に繋がります。
ターゲットにあわせた集客をすることで、リピーターを獲得できる可能性が上がります。

ターゲットにあった集客をしてリピーターを増やそう!

リピーター獲得にはターゲットにあわせた集客が大切ですが、そのためにはターゲットの分析が大切です。
どんなものを好むのかから始まり、年齢や性別、職業などをまずはできるだけイメージを膨らましましょう。

ターゲットのイメージが出来たら、想像のお客さんに向かって宣伝するつもりで集客方法を考えます。
どんな媒体で宣伝すれば目に留まりやすいか、どんなキーワードを検索するのかなどを分析することでターゲットを絞った集客をしやすくなります。
集客方法はいろいろありますが、ターゲットが絞れるようになったらリピーターが増えそうな方法を選ぶようにしましょう。

【フリーランスの働き方】集客から予約までの流れをスムーズにするのも大切

フリーランス美容師は集客から予約までの流れをスムーズにするのが大切な理由についてくわしく説明します。

集客だけで終わりじゃない!予約までの流れをスムーズにするのが大切

フリーランス美容師として働く際、大切にしたいのが成果に繋がるまでの一覧の流れをスムーズにすることです。
宣伝から興味を持ったお客さんを予約システムまで誘導し、予約をしてもらうまでの流れをスムーズにすることで成果に繋げやすくなります。
予約システムを考えるときは、基本的に人は面倒くさがりだと思いましょう。
手順が一つ増えるごとに、集約人数が減る可能性は上がります。
反対に少しでもスムーズな流れで予約システムへ誘導できれば、集客人数が増える可能性があります。

SNSやアプリの連携で集客から予約までの流れを作りやすくする!

SNSで自分の技術を宣伝して集客に繋げたい時、SNS上で予約を取れるようにするか、LINEなどと連携して予約を取れるようにするのもおすすめです。
また、ポータルサイトの機能を利用してサイト上で予約をできるようにするのも良いでしょう。
このように、なるべく予約するまでの流れは簡潔にするのが大切です。
SNSから予約システムに繋げるように、別の媒体から別の媒体への移動が必要な場合はスムーズな流れを作れるか考えてからシステムを利用しましょう。

どうすれば収益に繋がるのかを考えて集客するのが大切

収益に繋げるためには、出来るだけたくさんの予約をコンスタントに取るのが大切です。
予約をコンスタントに取るためには次の2つがポイントになります。

  1. リピーターを増やす
  2. 適切な集客を継続して行う

まず、予約をコンスタントに取るために必要になるのがリピーターを増やすことです。
そのためには、適切な集客を継続して行う必要があります。
ターゲットにあわせた集客をすることで、リピーターの獲得に繋げられます。

【広告・HP】フリーランス美容師は宣伝費用をかけた方が良いの?

フリーランス美容師は宣伝費用をかけた方が良いのかくわしく説明します。

フリーランス美容師に宣伝広告は必要?

フリーランス美容師になった場合、宣伝をして集客を行わなければいけません。
宣伝はSNSなど無料で出来るものから、有料で宣伝広告を出す方法まで様々です。

店舗を構えているなら、リスティング広告やポスティング広告も効果的ですが全くのフリーの美容師だとコストがかかりすぎることが多いです。
店舗を持っているなら、ポストにチラシを投函したりリスティング広告を利用するのも良いでしょう。
また、お店を構えている場合は近隣に住んでいる人たちにお店の存在を知ってもらいながら美容室の魅力をアピールできる宣伝方法がおすすめです。
チラシやインターネット広告にクーポンを付けたり、どんなサービスを受けられるのかをアピールしましょう。

最近は無料で出来る宣伝も多い!宣伝はコスパを考えて行おう

お店を持っていない場合、宣伝はコスパを考えて行うことが大切です。
リスティング広告やポスティング広告は成果に対して、コストがかかりすぎることがあります。
とくにお店を持たないフリーランス美容師は、なるべくコスパの良い宣伝方法がおすすめです。
最近はSNSを利用するなど、手間や工夫次第で十分無料で宣伝できます。
コストや利益を考慮して、工夫をしつつ適切な集客方法を選ぶようにしましょう。

【自己㏚】フリーランス美容師の集客には自己分析も大切

フリーランス美容師の集客に自己分析が大切になる理由についてくわしく説明します。

フリーランス美容師は集客のために自己分析をしよう

フリーランス美容師が集客を考える時、まず大切になるのが自己分析です。
現時点での能力や自分のセールスポイントを客観的に分析することで、ターゲットにあわせた宣伝方法を決めやすくなります。
例えば、ヘアカラーが得意ならターゲットに魅力が伝わるようなカラーリングした髪の画像や動画を宣伝に利用するのがおすすめです。

髪型の画像や動画を宣伝に利用する場合、自分の技術が良く伝わるようなものを使用するのが大切です。
そのためには、自分のセールスポイントをきちんと分かっていないといけません。
集客方法を考えると同時に、自己分析をしてお客さんに売り込む自分の武器を見つけましょう。

集客には自分を売り込む能力が必要!自己PR力を養おう

集客には自分を相手に売り込む営業能力が必要です。
フリーランス美容師になる場合、自己PRする能力をまずは養いましょう。
また、自分を売り込む力がないとフリーランス美容師を続けるのは厳しくなります。
フリーランスで働きたいと思った時は、一人でやっていけるような能力を持っているのかをシビアに考えるようにしましょう。
もし自分の武器がないなら、技術を磨いたり目指す方向性に適した能力を見つけることが大切になります。

SNSから広告まで】まずは手広く集客方法を試してみるのもあり!

集客方法は手広く色々試してみるのもおすすめな理由についてくわしく説明します。

集客のためには広く浅く宣伝するのもおすすめ

集客はターゲットにあわせた宣伝が大切ですが、まずは広く浅く宣伝してどんな層の反応が良いのか分析してみるのもおすすめです。
ただし、この方法だと成果を出せるまで時間がかかることがあるので注意しましょう。
もしできるなら、フリーランスになる前の準備期間に広く浅く宣伝をしてターゲットを徐々に絞っていくのもおすすめです。

その場合、SNSやブログなど無料で利用できるサービスを活用すると手間はかかりますがコストをかけずに分析しやすくなります。
集客には分析も大切になるのですが、まずは色々試してみて自分にあっているものを探すのも大切です。

SNSから広告まで集客方法は様々!ターゲットを少しずつ絞ろう

SNSからリスティング広告まで、集客方法は様々です。
ターゲットをいまいち絞り切れない場合は、広く浅く宣伝方法を試してみるのも良いでしょう。
ただし、宣伝方法によってはお金がかかることもあります。
シェアサロンや面貸しで働く場合、店舗を構える資金は必要ありませんが宣伝費にコストをかけるのも良いでしょう。
フリーランス美容師の働き方にはいろいろありますが、業務委託で働く場合を除いて基本的に自分で集客しなければいけません。
集客方法の宣伝コストも考えつつ、なるべくターゲットを絞っていけるようにしましょう。

フリーランス美容師になる前に集客方法を考えておくのもおすすめ!

フリーランス美容師になる前に、まずは自分がどのくらい集客できるのかを客観的に考えてみるのが大切です。
そこから、リピーターを徐々に増やしていくことで安定した収入を得られるようになります。
集客方法は人によってターゲットになる顧客も変わってくるので、向いている方法が変わってきます。
ただし、最近はSNSなどインターネットを利用した集客方法も沢山あるのでまずは手広く色々やってみるのもおすすめです。
また、集客率を分析して自分にあっている集客方法を徐々に絞っていくのも大切になります。
今回解説したことを参考に、集客方法を考えてみてください。

【保存版】フリーランス美容師は集客が重要!顧客の増やし方やおすすめの集客方法を徹底解説 【保存版】フリーランス美容師は集客が重要!顧客の増やし方やおすすめの集客方法を徹底解説