【保存版】シェアサロンのトラブルを防ぐには契約書が大切!美容師側・サロン側からその理由を徹底解説

フリーランスの美容師などの仕事場所として利用されるシェアサロンですが、年々需要が高まると共に利用する人も増えてきています。
通常の美容室で働くのとは違い、シェアサロンは個人でスペースをレンタルして利用することになります。
そのため、トラブルが起きた時のリスクは従業員として働くよりも大きくなりがちです。
金銭的な問題や利用事項についてのトラブルなど、シェアサロンと美容師間のトラブルは様々です。
シェアサロンでトラブルが起こった場合や未然に防ぎたい時、サロンで交わした契約事項が大切になります。
そこで今回は、シェアサロンの契約書が大切な理由を美容師側・サロン側からまとめて解説します。

【利用規約・料金】シェアサロンは契約書が大切!その理由とは

シェアサロンは契約書が大切な理由についてくわしく説明します。

シェアサロンってどんなシステム?利用方法は?

シェアサロンはサロンの一角をレンタルして利用できる施設です。
美容系のサロンとしてスペースを利用でき、多様な働き方のできる場所として人気があります。

特に多いのがヘアサロンとして美容師が利用するケースです。
フリーランスの美容師の仕事場としてだけでなく、美容師の副業や一時的に店舗が利用できない美容師が利用することもあります。

シェアサロンごとに料金形態・利用料・サービスなどが違うのも特徴で、利用する際は働きやすいサロンを選んで契約を結びます。
仕事場所をレンタルして利用できるシェアサロンですが、レンタルできるのはスペースだけではありません。
セット面やカラー剤など、基本的に設備も薬剤もレンタルして利用できます。
そのため、最小限の道具だけで手軽に仕事ができるシステムとして年々需要が増えてきています。

シェアサロンの契約をする際は注意が必要!契約書が大切な理由とは

シェアサロンを利用する前にはサロンと美容師は契約を交わします。
その際、必要になるのが利用事項や契約事項が書かれた契約書です。
契約書はシェアサロンを利用する美容師にとって、とても大切になります。

シェアサロンの契約書が大切な理由は次の通りです。

  1. 美容師・サロンの双方が納得して契約するため
  2. トラブルを未然に防ぎやすくなる
  3. トラブルを解決する助けになる

契約書にはシェアサロン側が美容師に対して提示した、サロンを利用する上での決まりごとが記載されています。
契約事項や利用規約は一方的なものではなく、美容師側はそれらの決まりごとに納得できなければシェアサロンを利用しない自由があります。
契約書は契約事項や利用規約を確認し、双方が納得した上で契約したという証にもなるため大切です。
そのため、契約は双方が納得した上で結ぶのが前提のため、しっかり内容を確認しておく必要があります。

2つ目の理由が、トラブルを未然に防ぎやすくなることです。
金銭的な決まり事や設備の利用規約など、契約時にトラブルに繋がりそうなことを確認しておくことでトラブルが起きにくくなります。

また、契約書はトラブルが起きた時にも大切です。
シェアサロンでトラブルが起きた時、美容師側とサロン側の言い分のどちらが正しいのか判断するために契約書は役に立ちます。

利用規約や料金形態・利用料はシェアサロンごとに違う?

利用規約や料金形態・利用料など、大切なことがシェアサロンの契約書には記載されています。
契約書をきちんと確認しなければいけない理由の1つが、シェアサロンごとに料金形態や利用料、利用規約が違ってくるためです。

シェアサロンごとにこれらが変わってくるため、契約書もサロンごとに内容が微妙に変わってきます。
そのため、シェアサロンで契約を結ぶときは毎回内容もきちんと確認しましょう。
とくに施設の利用規約はサロンごとに違うことが多いため、事前に確認しておきましょう。

契約を交わす前にシェアサロンについてまずは調べるのも大切!

シェアサロンで働きたい場合、契約を交わすと施設を利用できるようになります。
しかし、一度契約を交わすと契約した機関の料金が発生するため途中で別のシェアサロンが良かったと思ってもなかなかサロンを変えられません。
契約を交わした後で後悔しないためには、事前にシェアサロンについて調べることも大切です。

シェアサロンを探す際、マッチングサービスや求人サイトなどを利用しますがこの時にサロンの紹介や料金などを事前にチェックしておきましょう。

【違法・トラブル】シェアサロンで契約書を交わすメリットとは

シェアサロンで契約書を交わすメリットについてくわしく説明します。

シェアサロンで働くなら契約書を交わすべき?そのメリットとは

シェアサロンで働くなら契約書を交わすのがおすすめです。
契約書を交わすメリットは次の通りです。

  1. 違法なシェアサロンを選びにくい
  2. トラブル防止効果
  3. 安心感を持って働きやすい

契約書を読んだ時、内容が不審だと思うシェアサロンとは基本的に契約する人は少ないです。
契約しようとしているシェアサロンが違法な場合、美容師側は違法だと分かりにくいのが現状です。
しかし、契約書に違法性を隠すために不審な点があれば美容師は契約前に気づいて別のシェアサロンを選べます。

また、契約内容を美容師とサロン双方が共有することで、トラブルが起こるのを防止してくれる効果もあります。
それだけではなく、契約書をきちんと交わした安心感を持って働けるのもメリットです。

契約書がない?手軽に利用できるシェアサロンには注意が必要

最近はニーズが増えたこともあり、手軽にシェアサロンを利用できることが増えてきました。
アプリで予約して現地のサロンに向かい、当日に利用規約を確認して利用するなど簡易的な手続きだけでシェアサロンを利用できることもあります。
しかし、シェアサロンを利用する際にきちんとした契約書がない場合には注意が必要です。

一日だけ利用する場合など、短期間の利用なら手続きが簡易的で手軽に利用できるのは嬉しいのですがもしもトラブルが起きた時に困ります。
長期的にシェアサロンを利用する場合、手軽に利用できるサロンも良いのですがきちんとした契約を結んで働く方がおすすめです。
また、短期間でもシェアサロンを利用する際は気になることは事前にサロン側に確認してトラブルを出来るだけ防げるようにしましょう。

シェアサロンでトラブルが起きた時にも契約書は大切!

シェアサロンでトラブルが起こった時、サロン側・美容師側双方にとって大切なのが契約書です。
契約書はトラブルを予防するためにも役立ちますが、トラブルが起こってからも役立ちます。
そのため、契約書は簡易的なものであっても大切に保管しておきましょう。
また、トラブルが起きた時にきちんと役割を果たしてくれる契約書かどうかも事前にチェックしておくのがおすすめです。
契約内容に不備があったり、気になる事がある場合は契約前に出来るだけサロン側に確かめておくのも大切です。
疑問点について答えてもらった時は、口頭だけで終わらせるわけではなくメールや書面などに形に残るようにしておきましょう。

【美容師側・サロン側】シェアサロンの契約書でチェックするポイントとは

シェアサロンの契約書でチェックするポイントについてくわしく説明します。

美容師側がシェアサロンの契約書でチェックするポイントは?

美容師側がシェアサロンの契約書でチェックするポイントは次の通りです。

  1. 利用料
  2. 料金形態
  3. 利用規約
  4. 契約事項
  5. 注意事項
  6. 契約期間

まず、シェアサロンと契約する際に確認しておきたいのが利用料です。
マッチングサービスなどを利用してシェアサロンを探した場合、紹介文に掲載されていた利用料と違いはないか確かめましょう。
もし、利用料が高くなっているなど最初に提示されていた内容と違っていた場合はすぐにサロン側に確認するのがおすすめです。
記載している内容が間違っているならその場で訂正してもらえますが、あえて違った条件を提示している場合は注意が必要です。

また、料金形態も同時にチェックしましょう。
料金形態についても、最初に提示されていた条件と違いはないか確認するのがおすすめです。

その他、利用規約・契約事項・注意事項なども細かくチェックしましょう。
利用料や利用形態についての例外や設備利用について注意書きなど、契約する上で大切になることが小さく記載されていることもあります。
読み飛ばしてしまいがちな部分まで、なるべく読んでおくことが大切です。
最後にシェアサロンとの契約期間についても、間違いがないか確認しておきましょう。

サロン側がシェアサロンの契約書でチェックするポイントは?

サロン側がシェアサロンの契約書をチェックする際のポイントも、美容師側と同じです。
契約書はサロン側が作成しますが、契約内容をサロン側も忘れないようにきちんと定期的に読み返しておきましょう。
しっかり契約内容を把握しておくことで、美容師とのトラブルを回避しやすくなります。
また、契約内容に変更がある場合はすぐに契約書にも反映させてすでに契約している利用者への対応もしっかり行いましょう。

契約書は美容師側・サロン側の双方が揃って確認するのがおすすめ

できれば、契約書は美容師側・サロン側の双方が揃ったシチュエーションで確認するのがおすすめです。
両者が顔をそろえて確認することで、事前に契約内容について食い違いが起こりにくくなります。
もし、契約内容に不備があればその場で美容師が指摘できるのもメリットです。
シェアサロンの契約は両者が納得した状態で交わすのが大切です。

【サロン側は注意!】シェアサロンのトラブルを未然に防ぐには契約書が大切

シェアサロンのトラブルを未然に防ぐにも契約書が大切な理由についてくわしく説明します。

シェアサロンはトラブルに注意?その理由とは

シェアサロンで働く際、注意したいのがトラブルです。
施設内で起こるトラブルは、サロンを利用する美容師同士、サロンと美容師、美容師と顧客など様々です。
基本的に美容師と顧客の間で起こったトラブルにシェアサロンは介入しません。
ただし、トラブルによってシェアサロンに損失が出た場合は美容師側が責任を取ることもあるので注意しましょう。

シェアサロンでは幅広いトラブルが起こりますが、契約内容が明確な場合は多くのトラブルを防ぎやすくなります。

シェアサロンのトラブルを未然に防ぐためには事前確認が大切!

上の項目で説明したように、契約内容を明確にすることでトラブルを防ぎやすくなります。
これは、契約内容をしっかり把握しているか、していないかによる違いが大きいです。
契約内容を美容師側・サロン側が共にしっかり把握していれば、トラブルによるリスクを考えながら働けるます。
また、契約内容を把握しておくことはトラブルの抑制にもつながるため、契約書はとても大切になります。

シェアサロンは金銭的なトラブルが多い?契約書で確認したいこととは

シェアサロンで特に多いのが金銭的なトラブルです。
美容師と顧客の間で起こるトラブルを防止するのは美容師の役割ですが、シェアサロンと美容師との間の金銭的なトラブルは基本的にサロン側が対策しましょう。
金銭的なトラブルは利用料に限らず、設備を利用する際のレンタル料や盗難など様々です。

シェアサロンはサロンごとに利用規約が変わってくるため、それぞれのサロンが対策する必要があります。
とくに盗難被害によるトラブルの場合、きちんとシェアサロン側が対応してくれるのかが重要になります。
シェアサロンを利用する前に、美容師側は盗難などの損失による補償についても確認しておきましょう。
また、セキュリティ面がしっかりしたサロンと契約をするのがおすすめです。

【美容師側は注意!】シェアサロンの契約内容・利用規約を意識して働こう

シェアサロンの契約内容・利用規約を意識して働くためにできることについてくわしく説明します。

シェアサロンで働くときに注意したいポイントとは

シェアサロンで働くときに注意したいポイントは次の通りです。

  1. 利用時間
  2. 利用規約
  3. 利用者間との関係
  4. 契約期間

まず、実際にシェアサロンで働いている時に注意したいのが利用時間です。
一定期間の間に使い放題のプランではなく、時間制で契約する場合は1日当たりの利用時間を考えながら働くようにしましょう。

次の注意ポイントが利用規約です。
働いているうえでのトラブルを避けるためには、利用規約をしっかり守るのが大切です。
また、施設で働いている時には他の利用者さんとの関係にも注意しましょう。
シェアサロンは同業者の人同士で、スペースをシェアするシステムなのでお互いに迷惑になるようなことは避けて働くのがマナーです。

最後に契約期間についても意識しながら働くのがおすすめです。
契約期間内はシェアサロンの契約事項に基づいて働かなければいけません。
そのことを念頭にシェアサロンを利用しましょう。

シェアサロンで働くときは契約内容や利用規約を意識すること!

シェアサロンで働く際、大切になるのが契約内容や利用規約です。
契約内容や利用規約を守れないと、余計なトラブルに発展したり実際に損失が出ることもあります。
トラブルにならないためにも、しっかりと契約内容や利用規約を意識しながら働きましょう。

手軽に利用できるシェアサロンは特に注意!利用規約・契約内容は事前確認を

手軽に利用できるシェアサロンは特に利用規約・契約書内容の事前確認が大切になる理由についてくわしく説明します。

契約が簡易的なシェアサロンは要注意?その理由を解説

シェアサロンの中にはアプリから簡単にスペースの予約が出来たり、利用できる施設もあります。
簡易的な契約で働けるのは手軽で嬉しいのですが、利用する際には注意が必要です。
最近はマッチングサービスを利用してシェアサロンを探すことも多く、働き方は多様化しています。
手軽にシェアサロンを利用できるサービスも増えていますが、最低限金銭トラブルに繋がりそうなことは事前に確認しておきましょう。

簡易的な契約のシェアサロンで働く場合もきちんと事前確認を

すでに説明したように、シェアサロンは近年手軽に利用できるようになってきています。
契約も簡易的に行うこともあるのですが、きちんと大切なことは事前確認するのがおすすめです。
また、契約書に記載されていないことを確認した際は情報が残る形でどこかに記載しておくと後々のトラブルを避けやすくなります。

契約書は美容師側・サロン側両方に大切!シェアサロンで理想の働き方を目指そう

シェアサロンの契約書は美容師だけでなくサロン側にとっても大切です。
口約束や口頭で確認しただけでは、後々トラブルになった時にどちらの意見が正しいのか不透明になる事があります。
そんな時、契約書など確認できるものがあれば言った言わないの水掛け論にはなりません。
また、契約書を事前にきちんと確認しておけば契約事項や利用規約をしっかり守って働けます。
初めて利用するシェアサロンの場合、他のサロンにはなかった決まりがあるかもしれません。
シェアサロンで働くことに慣れて来ても、契約事項はきちんと確認しましょう。

【保存版】シェアサロンのトラブルを防ぐには契約書が大切!美容師側・サロン側からその理由を徹底解説 【保存版】シェアサロンのトラブルを防ぐには契約書が大切!美容師側・サロン側からその理由を徹底解説