【2022年版】美容室の面貸しは契約書が大切!面貸しの契約書の書き方からテンプレートまで徹底解説

フリーランスの美容師としての働き方で、年々増えてきているのが面貸しで働くケースです。
美容室の一角をレンタルする面貸しですが、美容室の従業員では出来ない自由度の高い働き方が特徴です。
また、美容室のスペースを有効活用できるので美容室側にもメリットがあります。

しかし、通常の雇用契約ではないため面貸しは美容師と美容室側でトラブルになる事も少なくありません。
そんな時に大切になるのが面貸しの契約書です。
そこで今回は、面貸しの契約書の重要性や書き方、契約書のテンプレ-とまでまとめて紹介します。

【美容室・美容師】面貸しは契約書が重要! その理由を解説

美容室の面貸しは契約書が重要な理由を解説します。

面貸しは契約書が大切?その理由とは

美容室の面貸しはフリーランスの美容師が美容室の一角をレンタルし、仕事をするシステムのことです。
業務委託とは違い完全に美容室とは切り離して仕事をするため、メニューの価格や勤務時間を比較的自由に決められるなど自由度の高い働き方になるのが特徴です。
しかし、自由度が高いだけに事前に交わす契約が大切になります。

美容師と美容室の間のトラブルで特に多いのが、金銭トラブルやスペースの利用の仕方のトラブルです。
こういったトラブルは契約時に言った、言わないの水掛け論になる事が多く、最悪の場合は裁判に発展することもあります。
そんな時、契約書は美容師側と美容室側の双方の意見を証明するために必要です。
また、トラブルを未然に防ぐためにも大切な契約事項は書面に残しておくことが大切です。

【美容室側】面貸しの契約書を作る時の注意ポイントは?

美容室が面貸しの契約書を作る時の注意ポイントは次の通りです。

  • 金銭トラブルを避けるためになるべく細かく記載する
  • なるべく分かりやすく契約事項を記載する
  • 利用時の注意事項も細かく記載する
  • 契約書は行政書士や弁護士の手を借りて作るのもおすすめ

まず、美容師とのトラブルで多い金銭トラブルを未然に防ぐためにレンタル料の支払い方など、お金に関することは細かく記載しておきましょう。
また、契約事項はなるべく分かりやすく記載することで契約書をお互いに確認する際に便利です。

次に美容室の貸し出すスペースの利用時の注意事項も細かく記載しましょう。
面貸しは美容室の一角を貸し出すため、貸し出した美容師の利用の方によっては美容室の評判が下がってしまいます。
利用上の規定もしっかり契約書に記載しておくとトラブルを未然に防ぎやすくなります。

最後の注意ポイントですが、トラブルをなるべく避けたい場合には行政書士の手を借りて契約書を作るのもおすすめです。
行政書士の事務所の中には、面貸しの利用規約の雛形を販売しているところもあります。
場合によってはお金を支払って契約書を作る方が、トラブルで発生する手間などを考えると最終的にはお得な可能性もあるので検討してみてください。

【美容師側】面貸しの契約書を読む際の注意ポイントは?

美容師側が面貸しの契約書を読む際の注意ポイントは次の通りです。

  • 金銭的な契約事項のチェック
  • 利用規約のチェック
  • 重点を置いている契約事項のチェック

まず、料金の支払い方法についてチェックしましょう。
歩合での支払いの場合はパーセンテージをチェックするなど、なるべく細かい部分まで読み込むのがおすすめです。

また、利用上の規約についてもトラブルを避けるために事前にきちんとチェックしておきましょう。
最後に、フリーランスとして働くうえで重点を置いている契約事項をチェックするのも忘れないことが大切です。

面貸しの契約書はひな形を作っておくと楽?書き方やテンプレート3選をご紹介

美容室の面貸しの契約書の書き方やテンプレートを紹介します。

美容室の面貸しの契約書の書き方は?

美容室の面貸しの契約書を作成する際、インターネットで一度調べてみるのがおすすめです。
美容室の開業をサポートしたり、面貸しをサポートしている会社や事務所などのHPで提供されていることもあります。

契約書を作成した後は弁護士さんに確認してもらうのがおすすめです。
契約書に不備があるとトラブルに繋がり、大きなリスクを背負うことがあります。
書類を完璧に仕上げるためには専門家の手を借りるのがベターです。

美容室の面貸しの契約書テンプレートの参考になるサイトは?

以下では、面貸しの契約書を作る際にテンプレートの参考になるサイト3選を紹介します。

面貸しのテンプレート例1「契約書作成eコース」

こちらのサイトは日本語の契約書式テンプレートのダウンロード販売サイトです。
有料になりますが行政書士事務所が作った完成度の高い契約書のため、きちんとした書類を作成したい場合には利用してみてください。
「参考:契約書作成eコース

面貸しのテンプレート例2「bizocean」

こちらは様々な契約書のテンプレートをダウンロードできるサイトです。
様々な契約書のテンプレートに対応できるほか、無料でダウンロードできるものが基本なので利用してみてください。
「参考:bizocean

面貸しのテンプレート例3「ジョブメドレー」

こちらのサイトは医療介護求人サイトですが、業務委託の契約書についての記載があります。
明確には面貸しと業務委託は違ってくるので、契約書を作る際はそのままではなく参考程度に利用するのがおすすめです。
「参考:ジョブメドレー

雛形を知れば契約書のチェックがしやすい!事前にチェックする項目とは

雛形を知れば契約書のチェックがしやすくなる理由と、事前に詳しくチェックをする項目について説明します。

美容師も面貸しの契約書の雛形を知っておくべき?その理由とは

美容師も契約をする前に面貸しの契約書の雛形を知っておくのがおすすめです。
自分がどんな契約をするのか、きちんと把握しておかないと個人事業主の場合は一人でリスクを抱えることになります。
そのため、事前にどんな契約項目があるのか雛形を調べて知っておくのも大切です。

面貸しの契約書で美容師が契約前に詳しくチェックすべき項目は?

面貸しの契約を交わす際、美容師側は美容室側と同等の契約が出来るのかチェックするようにしましょう。
例えば歩合で料金を支払う場合、割合が大きすぎると支払いが困難で儲けがほとんどないこともあります。

美容師は個人事業主のため、美容室と立場は同等です。
契約内容が美容室側に有利に働きすぎる場合は注意が必要です。

まとめ

面貸しはフリーランスの美容師の働き方1つですが、契約書はとても重要になります。
特にお金に関係する項目はしっかりチェックすることが大切です。
また、美容室側も後々のトラブルを避けるためになるべく細かく条件をかいておくのがおすすめです。

トラブルを未然に防ぐには、美容師と美容室の双方がお互いに納得した上での契約が大切になります。
それだけではなく、もしもトラブルになった時には契約書が重要な決め手にもなります。
今回紹介したことを参考に、面貸しの契約をする際は契約書に注目して事前に詳しくチェックしたり、作りこんでみてください。

【保存版】美容室の面貸しってどんなシステムなの?フリーランス美容師必見の面貸しについて徹底解説 【保存版】フリーランス美容師必見!面貸しと業務委託、シェアサロンの違いについて徹底解説