【最新版】フリーランス美容師の面貸しの相場ってどのくらい?面貸しの相場や給料形態を徹底解説

フリーランスの美容師の働き方で最近増えているのが面貸しです。
美容室の一角をレンタルする面貸しですが、気になるのは料金の相場です。
フリーランスの美容師を始めたばかりだと、収入面が安定していないため料金の相場がとくに気になる人が多いと思います。
また、面貸しの相場は料金形態がサロンごとに違ってきます。
そのため、自分にあった働き方をするためには面貸しの料金形態を事前にきちんと調べるのも大切です。
そこで今回は、フリーランスの美容師の面貸しの相場や給料形態についてまとめて解説します。

【支払い・契約】美容室の面貸しの平均相場は?相場の違いや仕組みを解説

美容室の面貸しの平均相場や相場の違い、仕組みについてくわしく解説します。

そもそも美容室の面貸しってどんなシステム?

面貸しとはフリーランスの美容師に美容室の席を貸したり、営業時間外に貸すサロンのレンタルシステムのことです。
ミラーレンタルとも呼ばれる面貸しは、美容室だけでなく理容室やネイルサロン、まつげサロンなど幅広い美容サロンで導入されています。
フリーランスの美容師の働き方の1つとして浸透しつつある面貸しは、独立志向の美容師や時間に縛られて働きたくない美容師に人気のあるシステムです。
美容室を開業するよりも美容室の席を借りる方がかかるコストが少ないため、将来的に美容室を開業するための経験を積むために始める人も多いです。

面貸しは接客だけでなく、売上の管理や事務的な仕事まですべて自分でする必要があります。
また、固定収入がないため収入が不安定になる事も多いです。

そのため、自己管理や自己プロデュースが苦手な場合は面貸しで働くのは難しいこともあります。
反対に時間に縛られたり、職場の人間関係に縛られるのが苦手でも、自己管理や自己プロデュースする能力が高くて集客力を期待できる人には向いています。

美容室の面貸しの相場は?地域差など相場に違いはあるの?

美容室の面貸しの相場は一概に○○円というのは難しいです。
理由としては、面貸しの料金システムが1パターンだけではないこと、地域やサロンによって料金が変わってくる点にあります。

基本的に美容室の面貸しの料金は歩合制と月額制、時間制に分かれます。
歩合制は売上の〇%をサロン側にレンタル料として支払う方法です。
月額制、時間制はひと月○〇円、一時間○○円と決まった金額を支払う方法になります。

一概にいくらが相場だというのは難しいのですが、大体歩合制の場合は30%~50%前後が多いです。
東京など人口比率的に集客がある程度見込める地域の場合、支払う割合が高くなる印象です。

時間での面貸しの場合なら、1時間で大体1,500円~2,000円前後が多い印象になります。
月額になると月に11万円くらい支払うことが多いです。

面貸しは自分で集客する必要があり、お客さんがいないとレンタル料の支払いが難しくなります。
また、料金システムに違いがあるためそれぞれの料金形態の特長をきちんと考えることが大切です。

面貸しの仕組みや料金システムの違いは?詳しく解説

面貸しの仕組みは美容室へレンタル料を支払い、フリーランスの美容師として仕事をするという働き方が基本です。
料金システムはすでに説明した通り、歩合制で成功報酬の何%かを支払う方法と時間や月ごとに一定の金額を支払う方法があります。
成功報酬での支払いは売り上げが少額の場合でも、赤字になりにくいのが特徴です。

ただし、パーセンテージが高いと沢山稼いだ分だけ支払う金額も高くなります。
そのため、安定してまとまった金額を稼げる場合には歩合制よりもサブスクのように定額での支払いの方がコストを抑えられることもあります。

例えば50%の歩合制での面貸しの場合、一日に50,000円の売り上げなら支払う料金は25,000円になります。
毎日50,000円の売上で20日働くなら支払う金額は500,000円です。
この場合、1時間1,500円の面貸しで8時間借りた場合は一日の支払いが12,000円、ひと月なら240,000円、月額支払いならさらに安くなることもあります。

上記の例のように、安定した金額を稼げる場合は歩合制よりも時間や月での支払いの方が良い場合もあると覚えておきましょう。

美容室の面貸しの給料は歩合が基本?給料形態について解説

美容室の面貸しの給料形態についてくわしく解説します。

面貸しは歩合制の他に時間や月ごとに一定額を支払うシステムが基本

面貸しは基本的に成功報酬を支払う歩合制と時間や月ごとに一定額を支払うシステムになります。
そのため、どちらを選ぶかによって儲けが変わってくることもあります。

歩合制の場合、売り上げが少ない場合でも支払う金額が決まっていないため赤字になる事が少ないです。
反対に売り上げが不安定で少ない場合、月額や時間での支払いが大変なこともあるので注意しましょう。
また、プライベートの関係で長時間働けない場合も料金システムが重要になります。

例えば4時間しか一日に働かない場合、売上が15,000で40%を美容室に支払うと6,000円でひと月20日働くなら120,000円です。
この金額の場合なら、1時間1,500円で面貸しするのと同等の支払額になります。

ただし、お客さんがほとんど来ない日があるなど収入が不安定で月に120,000円以下の売上の場合は時間でのレンタルよりも成功報酬での支払いの方が安くなります。
また、月額の方が1時間ごとの支払いのよりも安いこともあるため、料金システムは慎重に選ぶことが大切です。

歩合での支払いと定額での支払いならどちらがおすすめ?

美容室の面貸しの支払いで多いのが、月額払いです。
月額払いの良さは一定のまとまった金額を月ごとに払うため、出費の計算がしやすくなる点です。

フリーランスの美容師の場合、売上の管理など金銭的なことをすべて自分でしなければいけません。
家賃のように決まった額を支払う料金システムなら、経理事務をしやすくなります。
そのため、一定の安定した収入を見込めるフリーランスの美容師の場合は月額など定額での支払いの方が楽なことも多いです。

ただし、フリーランスの美容師になったばかりで売り上げを予想しにくく、まとまった額を支払える自信がない場合は歩合の方が安心という人もいます。
どちらの方が自分に向いているのか、現時点の能力などを加味して考えましょう。

フリーランスの美容師は固定給がないため収入面に注意

フリーランスの美容師の場合、固定給がないのがデメリットです。
もし、全く仕事がなければ一円も収入がありません。
それだけではなく、面貸しの支払い形態によっては赤字になることも考えなければいけません。

商売として赤字ではなく儲けを出さないと成り立たないので、フリーランスの美容師の場合は収入面を逐一シビアに考えるのが大切です。
もし、フリーランスになったばかりで収入の予想があまりできない場合はあまり無理をしない金額での面貸しから始めるのがおすすめです。
ただし、立地によっても集客は関係してくるため集客力と支出額を照らし合わせながら面貸しをするサロンを決めましょう。

美容師側が面貸しの給料形態や働き方で気を付けるポイントは?

美容師側が面貸しの給料形態や働き方で気を付けるポイントについてくわしく説明します。

美容師は個人事業主!面貸しでは給料面だけでなく経理業務には注意

まず通常の会社員とフリーランスの美容師の違いは、企業から支払われる給料ではなく収入になる点です。
フリーランスの美容師は個人事業主のため、経理事務を自分でやらなければいけません。

売上から面貸しのレンタル料としてサロン側に支払う額、薬剤などの必要経費を抜いた額が会社員で言うところの給料になります。
また、フリーランスで働く場合はここから保険料や年金などを個人的に支払う必要があります。
年末調整など税金に関わる手続きも自分でする必要があるため、自己管理が苦手だったり、細かいお金の計算が苦手な人は注意しましょう。

自由度が高いと大変なことも?面貸しでの働き方で気を付けるポイントとは

美容室の面貸しで働く場合、大きなメリットになるのが美容室に雇われて働くよりも色々な面で自由度が高い点です。
しかし、自由度が高いだけに働き方に注意が必要になります。

特に注意してほしいのが自己管理や自己プロデュースが苦手な人です。
フリーランスの美容師の場合、美容室のオーナーになったつもりで集客などの仕事をする必要があります。
また、基本的には好きな時に働いて、好きな時に休めるのですが働かないと収入はありません。

職場の煩わしい人間関係はなくなり自由度はアップしますが、その分必要になる仕事も増えます。
面貸しで働く場合は徹底した自己管理と自己プロデュースが大切です。

面貸しに向かない性格と向いている性格がある?面貸しにおすすめの人とは

すでに説明した通り、面貸しを利用する際には自己管理や細かいお金の計算、自己プロデュースが大切です。
これらが苦手だと面貸しは大変になります。

あまり儲けがないと、事務的な仕事に追われて結果的に美容室に雇われて働く方が楽なことも少なくありません。
最終的に自分の美容室を構えたい場合、面貸しは経営の訓練にもなりますが自分が個人事業主に向いているか考えるきっかけにもなります。
自分の性格面のことも考えて、面貸しに向いているのか向いていないかを考えるのも大切です。

美容室側が面貸しの給料形態や料金で気を付けるポイントは?

美容室側が面貸しをする時に気を付けるポイントについてくわしく説明します。

面貸しはあくまでも場所の提供!美容師を社員として扱うのはNG

美容室が面貸しをする際、気を付けたいのが面貸しで働く美容師は美容室の社員ではないという点です。
あくまでも場所を提供するだけなので、美容師と美容室は対等な立場にあります。
社員として美容室の仕事を指示するのはNGなので注意しましょう。

また、場合によっては無料で薬剤を提供したりするのもNGなこともあります。
薬剤代などをレンタル料金に含むとする契約をする場合は大丈夫ですが、契約にないのに無料で仕事に必要なものは提供しないのが基本です。

面貸しはお金のトラブルが多い!美容室側が気を付けるポイントとは

面貸しでの美容室と美容師間のトラブルで多いのが、お金にまつわる案件です。
支払額だけでなく、薬剤などの備品に関する金銭的なトラブルもあります。
契約時に言った言わないで揉めることもあるため、お金に関することはしっかり事前に決めておくことが大切です。

また、契約事項については書面で残すだけでなくお互いにしっかり確認して納得した上での契約するようにしましょう。
もし、契約面で両者とも不安なことがあるようなら契約前に問題は解決するのも大切になります。

【トラブルに注意!】面貸しは事前に契約書をしっかり確認するのが大切

面貸しは事前に契約書を確認するのが大切な理由についてくわしく説明します。

事前チェックで未然にトラブルを防げる?面貸しでの契約書について

面貸しでのトラブルはなるべく未然に防ぐようにしましょう。
大切なことは書面に残す形で契約書を作り、美容室側と美容師側の双方が納得したうえで契約するのが大切です。
契約書をしっかり残すことはとても重要で、後々トラブルになった際に書面にしていれば裁判沙汰になった時も安心です。

また、契約書をお互いの立会いの下でしっかり確認するようすれば後々のトラブルに繋がりにくくなります。
とくに金銭的なことはなるべく細かく事前に契約書に書いておくことで、未然にトラブルを防ぎやすくなるのでおすすめです。

契約書は美容室と美容師双方がしっかり確認するのが大切!

契約書は作って終わりではなく、美容室と美容師側の双方が納得することが大切です。
そのために契約書は複雑に作るのではなく、なるべく分かりやすく記載するようにしましょう。
もし、料金形態について疑問がある場合は事前にしっかり確認しておくのも重要です。
また、新しく確認したこともできれば書面に残しておくようにすると後々のトラブルを防ぎやすくなります。

面貸しの契約書は細かい決まりも書面で残すのがおすすめ!

上記で説明したように、契約書は美容室と美容師側双方が確認してきちんと納得したうえで契約するのが大切です。
また、なるべく細かい決まりを書面に残しておくことで、未然にトラブルを防ぎやすくなります。

もし、大まかにしか金銭面などを含めて記載されていない契約書の場合は美容師側からも色々と事前に確認しておきましょう。
その際、できればその場で書面に確認事項を書き込んで契約をする美容室のオーナーなどにチェックしてもらうのがおすすめです。

給料形態や働き方には向き不向きがある!メリット・デメリットを事前に調べよう

フリーランスの美容師の場合、給料形態というよりも面貸しの料金形態が大切になります。
働き方には向き不向きがあるため、歩合制での支払いが向いているのか、一定金額を時間や月によって支払うのかよく考えるのが大切です。
また、2つの支払い形態にはメリット・デメリットがあります。
自分の現時点でのスキルや集客力によって、活かせるメリットもあれば大きなデメリットも出てきます。

将来的に独立して店舗を構えたい場合、長期的な計画をしっかり立てておくことも必要です。
面貸しのシステムは上手く利用すれば、理想の働き方を目指せます。
今回紹介したことを参考に、面貸しの料金形態や働き方について考えてみてください。

【保存版】美容室の面貸しって短期間だけ借りられる?面貸しの料金システムについて徹底解説 【保存版】美容室の面貸しってどんなシステムなの?フリーランス美容師必見の面貸しについて徹底解説