【保存版】フリーランス美容師必見!面貸しと業務委託、シェアサロンの違いについて徹底解説

フリーランスで美容師として働く場合、大切になるのが働き方です。
個人事業主として美容室の従業員ではなく、個人で働く場合に増えてきている働き方が面貸し・業務委託・シェアサロンです。
それぞれ、美容室で個人的に働く点は一緒なのですが若干違いがあります。

フリーランスで働く場合は雇い主がいないので、あらゆるリスクを個人で背負わなくてはいけません。
そのため、働き方を決めるのはとても大切なポイントになります。
そこで今回は、美容室の面貸しと業務委託、シェアサロンの違いについて徹底解説します。

フリーランス美容師にはどっちがおすすめ?面貸しと業務委託の違いとは

美容室の面貸しと業務委託の違いについてくわしく説明します。

フリーランスの美容師が選ぶならどっち?面貸しと業務委託に違いとは

フリーランスの美容師はどこかの美容室に所属して働かない、フリーな状態の美容師です。
働き方は様々ですが、基本的には個人事業主として開業するか店を持たずに美容師としての仕事をすることになります。

中でも面貸しや業務委託で働く場合、従業員ではないのですがどこかの美容室内で仕事をします。
しかし、面貸しと業務委託では働き方は違ってくるので注意が必要です。

面貸しの場合は美容室の一角をレンタルして働くのが基本です。
個人事業主として美容室の仕事はせず、分の顧客を相手に仕事をします。
業務委託は美容室と業務委託契約をして働くため、美容室に来た顧客に対して施術を行います。
メニューの価格も美容室の設定額にあわせ、薬剤などの材料も美容室が用意するのが基本です。

面貸しの場合は美容室の一角をレンタルするだけなので、自分で集客をする必要があります。
ただし、メニューの価格設定を自由に決められたり、勤務時間を決められるなど業務委託よりも自由な働き方が特徴です。

面貸しと業務委託、それぞれにメリット・デメリットがある!

上記で説明したように、面貸しと業務委託には違いがあります。
それぞれにメリット・デメリットがあるため、働き方を決める際にはきちんと事前に調べておくことが大切です。
大きな違いは集客を自分で行うか、店側が行うかになりますが、この違いによって生まれるメリット・デメリットは多いです。

また、面貸し・業務委託それぞれにあるメリットは人によってはデメリットにもなります。
例えば面貸しは業務委託よりも自由に働けますが、人によっては自由度が高い方が働きにくい場合もあります。
働き方は人それぞれ向き不向きがあるため、メリットやデメリットとしてではなく自分にとって良い条件なのかを考えるようにしましょう。

面貸しと業務委託のメリット・デメリットは?美容室・美容師側から解説

面貸しと業務委託のメリット・デメリットについて美容室・美容師側の両方がから詳しく解説します。

【美容室側】美容室の面貸しのメリット・デメリットは?

美容室の面貸しのメリットは次の通りです。

  • 美容室のスペースを有効活用できる
  • 社会保険料などの負担をおさえつつ収入を得られる

次に美容室側の面貸しのデメリットは以下の通りです。

  • 美容師を雇うことで発生するリスク
  • 契約までの書類などの準備の手間

美容室の稼働可能な席に対して従業員が足りない場合、有効活用したいなら面貸しがおすすめです。
席を美容師に貸し出すことで、空いたスペースを有効活用できます。
また、スペースを埋めるために従業員を雇うと社会保険料などの人件費がかかりますが面貸しならそれらの負担をおさえつつレンタル料が得られます。

美容師と面貸しで契約する場合、従業員ではなくても美容室にくるお客さんにとっては美容室の従業員に見えてしまいます。
そのため、もしも契約した美容師がお客さんとの間でトラブルを起こせば美容室のイメージダウンにつながる場合もあるので注意しましょう。

また、契約までに美容師と交わす契約書を準備するだけでなく、税務署などに面貸しについて証明するための書類を準備する必要があります。
それらの手間がかかるのもデメリットの1つになります。

【美容室側】美容室の業務委託のメリット・デメリットは?

業務委託の美容室側のメリットは、雇用契約よりも比較的自由な条件で契約できる点です。
業務委託は労働基準法が適用されないため、労働時間や休日労働などを通常の雇用契約よりも比較的自由に契約できます。

反対にデメリットは雇用契約とは違って、美容師に細かく指示を出したりできない点です。
もし、業務委託という契約を交わしていても雇用契約に該当すると判断された場合は残業代などの負担が発生することがあります。

【美容師側】美容室の面貸しのメリット・デメリットは?

美容師側の面貸しのメリットは次の通りです。

  • 比較的自由な働き方ができる
  • 人間関係の煩わしさが比較的少ない
  • 経営の経験が詰める

次にデメリットは以下の通りです。

  • 収入が不安定になる
  • 自己管理が煩わしい
  • 税処理などの手続きがある

面貸しは雇用契約とは違い、個人事業主として比較的自由な働き方ができるのが一番のメリットです。
また、美容室での従業員同士の付き合いも関係ないため、人間関係での煩わしさも少なくなります。
他にも、将来的に独立して店舗を構えたい場合は経営の経験が積めるのもメリットです。

反対に面貸しは固定収入がないため、収入が不安定になるのがデメリットです。
その他、材料管理や勤務時間、税処理の手続きなど個人事業主としての自己管理や事務処理が増えるのがデメリットになります。

【美容師側】美容室の業務委託のメリット・デメリットは?

美容室の業務委託のメリットは報酬形態や労働時間など、雇用契約よりも柔軟に決められる点です。
自己管理や自己プロデュースが上手いなら、頑張りしだいで通常の雇用よりも収入アップを見込めます。

反対にデメリットになるのが、雇用契約ではないため労働基準法が適用されない点です。
急に契約を解除されたりなど、労働基準法では守られている権利が適用されないためトラブルに繋がることがあります。
また、面貸しと同様に収入面の不安や税処理など事務的な仕事が増えるのもデメリットです。

シェアサロンと面貸しの違いはあるの?美容師が覚えておきたいポイントとは

シェアサロンと面貸しに違いはあるのか、美容師が覚えておきたいポイントについてくわしく説明します。

美容室のシェアサロンと面貸しに違いはある?

シェアサロンとは面貸しと同じように、サロンの一角をレンタルする働き方のことです。
また、面貸しのように基本的に集客は自分でします。

面貸しとの違いはスペースを数人で共有するのではなく、基本的に個人の専用スペースとして利用できる点です。
面貸しよりも個人的に使用できる空間が広いので、より個人事業主として自由な働き方ができます。

面貸しとは違うシェアサロンのデメリットは?

面貸しでは美容室側が薬剤を用意してくれることもありますが、基本的にシェアサロンは自分で用意します。
面貸しよりも自由度が高い分だけ、より自分で動かないといけない面も出てくるので注意しましょう。

それぞれの違いをおさえて面貸し・業務委託・シェアサロンを選ぼう!

面貸し・業務委託・シェアサロンは似ているようで、それぞれ違った特徴があります。
メリットもあればデメリットもあるので、事前に違いを調べて自分にあった働き方を選ぶのが大切です。

また、フリーランスの美容師は雇われ美容師とは違って個人で背負う責任も多くなります。
働き方によっては収入が全くなくなることもあるため、事前の下調べがとても大切です。
個人の能力や性格、目指すライフスタイルなどを考慮して面貸し・業務委託・シェアサロンという働き方を考えてみてください。

【2022年版】美容室の面貸しは契約書が大切!面貸しの契約書の書き方からテンプレートまで徹底解説 【保存版】美容室の違法な面貸しには注意!事前にトラブルを避けるためのポイントを徹底解説