【保存版】美容室の面貸しの求人はどうやって探す?美容師側・サロン側から徹底解説

美容室の面貸しで働きたいと思った時、必要になるのが求人募集です。
面貸しサロンの募集を見つけないと働きたくても働けません。
しかし、通常の求人と同じように探して面貸しの募集は見つかるのでしょうか。

また、面貸しは通常の雇用契約とは違ってくる他、美容室によってシステムが変わってくるのが特徴です。
面貸しで働きたくても条件にそぐわない求人に応募すると、後々後悔することにもなります。
そこで今回は、美容室の面貸しの求人募集ついて美容師側とサロン側の両方から解説します。

【求人募集】美容室の面貸しで働きたい!専用のアプリはある?求人の探し方について解説

美容室の面貸しで働きたい時の求人の探し方について解説します。

そもそも面貸しってどんなシステム?働き方の特長は?

面貸しとはサロンの一角を時間や月ごとにレンタルしたり、サロンの定休日や営業時間外にレンタルするシステムのことです。
美容室や理容室、ネイルサロンなどに多いシステムはフリーランスの働き方の1つとして人気があります。

美容室の面貸しの場合、美容室の席をレンタルしてレンタル料を美容室に支払うのが基本です。
レンタル料の支払いの方法は様々で、報酬に対して何割かをサロン側に収める歩合制や時間や月ごとに一定の金額を支払うサブスクのような形が多いです。

雇用契約を結んで働くわけではないため、通常の美容室の従業員よりも働き方が自由なのも特長になります。
ただし、店舗を持たないだけで個人事業主として働くことになるので雇用契約を結んだ従業員よりも個人の責任とリスクは大きくなります。

面貸しはどんな人に向いてる人は?

面貸しはフリーランスの働き方の1つですが、向いている人と向いていない人がいます。
面貸しが向いている人の特長は次の通りです。

  • 自分で集客できる
  • 自己プロデュースが得意
  • 自己管理ができる
  • 職場の人間関係に縛られたくない

まず、面貸しはサロンの顧客ではなく個人の顧客を相手に接客をします。
面貸しではお客さんを自分で集められる力が必要になってくるため、集客に自信がある人に向いています。

集客する能力と似ているのが自己プロデュース力です。
お客さんを集めるためには自分の能力をアピールし、SNSなどを利用して自分から発信していくのも大切になります。
そのため、自分から動いてお客さんを集める自信がある人に面貸しは向いています。

また、自己プロデュースだけでなく自己管理も面貸しで働くうえで必要です。
お金の管理や税務処理など事務的なことやスケジュールなど、自己管理が得意でないと自由度の高い面貸しで働くのは難しくなるので注意しましょう。

最後の特長が職場の人間関係に縛られず、一人で自由度の高い働き方をしたい人です。
職場の人との付き合いが好きじゃなかったり、従業員通しの上下関係を気にして働くのが好きじゃない人に面貸しは向いています。

反対に面貸しで働くのにあまり向いていない人は?

面貸しで働くのにあまり向いていない人は次の通りです。

  • 自分から行動するのが苦手
  • キャリアが浅すぎる
  • 自己管理が苦手
  • 人に従って動くのが楽

まず、面貸しで必要になるのが自分から行動することです。
人に指示されないと動けないと、集客や情報収集、技術の向上など様々な面で困ることになります。
特に一人で働く面貸しのようなスタイルの場合、自分から勉強しないと技術が向上しないだけでなく集客も思うようにいかないことも多いです。
自分から行動するのが苦手な場合は面貸しに向いていないかもしれません。

次にキャリアの浅い人の場合はよほど実力に自信がないと、集客が難しくなります。
面貸しはフリーで働かなければいけないため、指名客が見込めない場合は働くのが難しいです。

3つ目の特長ですが、自己管理が苦手で事務作業などの細かい作業が苦手な場合も面貸しに不向きな人になります。
自己管理が苦手で人に従って動く方が楽な場合、面貸しで働くのに向いていないかもしれません。

美容室の面貸しで働きたい!求人の探し方を解説

美容室の面貸しで働きたい場合、募集している美容室を見つける必要があります。
面貸しOKのサロンを探したい場合に便利なのがネット検索です。
面貸しは雇用契約ではないので、正確には求人とは言えないのですが探す際は求人募集から見つけられることが多いです。

求人サイトで条件を「面貸し・ミラーレンタルOK」にして検索したり、Google検索などで「美容室 面貸し 地域名」で検索するとヒットします。
また、最近ではレンタルスペースを貸し出すサイトでも面貸ししているサロンを検索できます。
美容室によって時間でのレンタルなのか、日や月ごとのレンタルなのかやプランが違ってくるので自分にあった面貸しを探してみてください。

面貸しを探すアプリってあるの?

面貸しを探したい場合、シェアサロンや面貸しサロンの席を予約できるアプリもあります。
Lunappというアプリでは15分単位でシェアサロン、面貸しサロンの席を予約することが出来ます。
美容室との面談もオンライン上のビデオチャットで出来たり、担当茶とチャットでやり取りできるので手軽に面貸しサロンを探せるのが特徴です。

他にもミラーレンタル・面貸し検索のマッチングができる「メンガシ」というアプリもあります。
アプリ内の検索ポータル・システムを利用すれば、条件に合った美容室を手軽に探せるのが特徴です。
最近では面貸しの需要が増えてきているため、色々なアプリも出てきているので一度探してみてください。

【フリーランスの働き方】美容室の面貸しの求人で美容師が注意したいことは

美容室の面貸しの求人で美容師が注意したいことについてくわしく説明します。

フリーランスの働き方には注意が必要!面貸しで働く注意ポイントは?

フリーランスの美容師が面貸しで働く際にはいくつかの注意ポイントがあります。
まず、注意したいのが同じ面貸しでも働き方は様々な点です。
面貸しは美容室ごとにレンタル料が違ったり、利用規約などが違ってきます。
自由度の高い働き方が特長の面貸しですが、まずは自分がどんな働き方をしたいのかを考えるのが大切です。

次に注意したいのが働く際の自己管理です。
面貸しはすべて自分で動かないと始まらないため、場合によっては収入がなくなることもあります。
そのため、面貸しで働く際は計画的に動くことが大切です。

美容室の面貸しの求人は契約内容に注意!

美容室の面貸しの求人を探す際、気を付けたいのが契約内容です。
レンタル料は歩合制なのか、時間や月、日ごとに一定の金額を払うのかなど料金システムを確認するのはもちろんのこと設備などの利用規約も確認しましょう。
面貸しの場合は料金に薬剤も含まれていることもあるため、契約内容をしっかり読んで美容室を選びましょう。

美容室の面貸しの求人で失敗しないためのポイントは?

まず美容室の面貸しの求人で失敗しないためにポイントになるのが、契約内容が不透明な美容室を利用しないことです。
金銭面や利用規約があやふやだったり、事前に確認したいことにはっきりと答えられない面貸しサロンは避けるのがベターです。
また、面貸しなのに美容室の従業員扱いするような美容室も避けた方が良いでしょう。

その他で失敗しないためのポイントになるのが、自分の希望する働き方が出来るのか考えることです。
面貸しサロンは店舗ごとに条件が違うのはもちろんのこと、美容師本人の利用の仕方によって働き方が変わってきます。
一度、頭の中で面貸しで働いているイメージを膨らませてみるのも良いでしょう。

【料金システム・契約事項】美容室の面貸しの求人の選び方は?

美容室の面貸しの求人の選び方のポイントについてくわしく説明します。

具体的な美容室の面貸しの求人の選び方は?

面貸しの求人を選ぶ際の流れは次の通りです。

  • 条件を書き出してみる
  • 条件にあう美容室を探す
  • 細かい契約内容もチェック
  • 応募する
  • 面談して最終的に契約するかを決める

まずは面貸しで働く際の希望条件を箇条書きしてみましょう。
その条件を基に、実際に求人サイトやアプリなどを利用して美容室を探します。
良さそうな美容室を見つけたら、細かい契約内容までチェックしましょう。

内容をしっかりチェックして条件に合うなと思ったら応募します。
面談時に気になる事はきちんと確認し、条件にマッチングするなと思ったら契約をしましょう。
もし、面談してみて条件に合わなかったり、その面貸しサロンを利用したくないと思ったら契約しない方が失敗する可能性を下げられます。

自分の能力や働き方を事前にしっかり自己分析するのも大切!

面貸しで働く際に能力以上に大切になるのが自己分析をする力です。
自分がどんな働き方をしたいのか、自分の能力はどのくらいあるのかなどをきちんと分析したうえで面貸しサロンを探しましょう。

もし、自己分析できないまま面貸しサロンと契約をすると後悔する確率もアップします。
自己分析するためにはどんな働き方をしたいのか、そのための条件はなにか、現在の自分の能力などを書き出してみるのもおすすめです。
また、最終的に自分の店舗を持ちたくて面貸しで経営の経験を積みたい場合は目標までの道筋を客観的に書き出してみるのも良いでしょう。

【スタイリスト募集】サロン側が面貸しの求人募集で注意したいことは

サロン側が面貸しの求人募集をする際に注意したいことについてくわしく説明します。

サロン側も注意!面貸しの求人募集で気を付けたいこととは

面貸しの求人募集でサロン側が気を付けたいことは、面貸しは雇用契約ではない点です。
求人募集で面貸し・ミラーレンタルOKと募集要項に記載する場合、誤解されないように雇用契約ではないことも説明しておくのがベターです。

また、面貸しを募集する際は料金システムや利用規約などを分かりやすく簡潔に記載しましょう。
分かりにくい書き方だと、システムや利用規約を誤解して応募する美容師さんがいるかもしれないので注意が必要です。

面貸しは雇用契約ではない!雇用との区別をはっきりさせるのが大切

面貸しは雇用契約ではなく、働くスペースをフリーランスの美容師に貸し出すだけです。
そのため、美容室の仕事を契約したフリーランスの美容師にやらせるのはNGです。
また、仕事内容だけでなく出勤時間に口を出したり、薬剤を無料で提供するのも基本的にはNGになります。
従業員とフリーランスの美容師との区別をきちんとしないと、後々トラブルになる事もあるので注意しましょう。

金銭面や利用規約などの条件は簡潔かつしっかりと記載しよう

美容師と面貸しの契約をする際、大切になるのが双方納得した形で契約することです。
もし、誤解があるまま契約をすると後々トラブルになる可能性があります。
また、契約書にないことでトラブルが起きると、言った、言わないの水掛け論に発展することもあります。

そうならないためにも、きちんと契約書には利用規約など重要なことは簡潔に分かりやすく記載するのが大切です。
とくに金銭トラブルが多いので、金銭的な契約事項は簡潔かつ細かく記載しましょう。

美容室の面貸しの募集は慎重に選んで応募しよう!

美容室の面貸しは通常の求人募集とは変わってきます。
前提として雇用契約を結ぶわけではなく場所をレンタルする形になるため、実際には「求人」という表現も相応しくありません。
また、美容室ごとに利用システムや料金システムに違いがあるため、希望する働き方にあわせて美容室を探すのも大切になります。

美容師側だけでなくサロン側も面貸しの募集を出す際、誤解を生まないように募集要項を出すことが大切です。
美容室の面貸しの募集を探す時は自分の能力や目指すライフスタイルなど、自己分析をしっかりした上で慎重に選んで応募しましょう。

【保存版】美容室の面貸しの求人はどうやって探す?美容師側・サロン側から徹底解説 【保存版】美容室の面貸しの求人はどうやって探す?美容師側・サロン側から徹底解説