【保存版】シェアサロンは集客が大変?フリーランス美容師に大切な集客について徹底解説

シェアサロンはヘアサロンやエステサロンなど、店舗を持たずにサロンのスペースをレンタルすることで仕事ができる施設です。
フリーランスの美容師などに人気のシェアサロンですが、通常の美容室と違って集客は自分でしなければいけません。
そのため、せっかくコストを抑えて独立したのに集客が上手くいかずにシェアサロンの利用をやめてしまう人もいます。
しかし、シェアサロンは上手く利用すれば美容師に働き方の幅を広げてくれる便利なシステムです。
そこで今回は、シェアサロンの集客についてフリーランスに大切なポイントなどを交えてまとめて解説します。

【独立・集客】シェアサロンで働くフリーランスの美容師に大切なこととは

シェアサロンで働くフリーランスの美容師に大切なことについてくわしく説明します。

シェアサロンってどんなシステム?独立した美容師におすすめなの?

シェアサロンとは、サロンスペースをレンタルすることで店舗を持っていなくても仕事ができる施設のことです。
シェアサロンには様々な業種のサロンがあるのですが、中でもヘアサロンとして利用できるサロンは多くあります。
フリーランスの美容師の他、副業場所として利用する美容師や改装や工事などで店舗が利用できない美容師などが主な利用者になります。

美容室の使用していない席をレンタルする面貸しとは違い、シェアサロンはサロン全体が基本的にレンタル用の席です。
また、シェアサロンではセット面のレンタルだけではなくシャンプー台などの設備や薬剤などもレンタル対象になっています。
最小限の道具があれば仕事ができるのも、シェアサロンの特徴です。

シェアサロンを利用する際は注意が必要?その理由とは

シェアサロンを利用する際、注意しなければいけないポイントがいくつかあります。
主な注意ポイントは次の通りです。

  1. 集客を自分でやらなければいけない
  2. 収入が不安定
  3. 事務作業や経理も自分でやらなければいけない

シェアサロンで働く場合と美容室の従業員など雇われて働く場合の違いは、自分で集客するかどうかです。
フリーランスの美容師になるとある程度自分で集客の見込みがないと、シェアサロンなどで働くのは難しくなります。
また、集客ができないと仕事もできないので収入がありません。
そのため、固定給のないシェアサロンでは収入が不安定になるので注意が必要です。

また、集客以外にも会計から経費の計算まですべて自分でしなければいけません。
シェアサロンで働く場合、自分の店舗はありませんが個人事業主として利益を出すための工夫が必要です。

シェアサロンで働くときの大切なポイントは?

シェアサロンを利用する際に大切なポイントは次の通りです。

  1. 自分の能力を客観的に分析する
  2. 自分にあったシェアサロンを選ぶ
  3. トラブルが起きないように注意

まず、シェアサロンで働く前に自分の能力を客観的に分析しましょう。
集客できる人数、一日に施術できる人数やこなせるメニューの数、収入はいくらくらいになるのかなどを大まかに分析します。
分析する時には、初めてシェアサロンを利用するなら少し厳しめにしておくと良いでしょう。

分析を基に自分にあったシェアサロンを見つけるのも大切です。
料金形態や料金など、自分の能力と不釣り合いなシェアサロンを選んでしまうと儲けが少なくなったり、場合によっては赤字になる事もあります。
自分の能力とシェアサロンの特長を総合的に判断し、バランスの良いサロンを選びましょう。

実際にシェアサロンで働く際にはトラブルが起きないように注意が必要です。
シェアサロンの利用規約を守るのはもちろんのこと、契約前に契約事項などはしっかり確認しておきましょう。

フリーランスの美容師は集客が大変?シェアサロンでの集客問題とは

シェアサロンで働く際、まずは自分の能力を分析すると説明しましたがこの時必要になるのが集客力の分析です。
基本的にシェアサロンで働くなら自分で集客する必要があるため、ある程度集客力がないと働くのが難しくなります。

もともと美容室の従業員として働いていたなら、その時に担当したお客さんを顧客とすることもあります。
顧客を増やすためには自分を売り込む能力が必要なため、自己アピールが苦手な人は注意しましょう。

また、シェアサロンで働くときは予約制にして施術時間や顧客の人数に応じてレンタルする時間を決めることが多いです。
そのため、全く集客できないとシェアサロンを利用しても赤字になるので注意しましょう。

【マッチングサービス・SNS】シェアサロンで働くときの集客方法とは

シェアサロンで働くときの集客方法についてくわしく説明します。

シェアサロンで働くなら集客が必要!フリーランスの美容師の集客とは

シェアサロンで働く場合、とても大切になるのが集客です。
フリーランスの美容師の多くは個人で働いているため、個人で集客する必要があります。
シェアサロンはあくまでも仕事場をレンタルできるシステムなので、仕事場を有効活用できるように集客をしっかり行いましょう。

また、集客力を伸ばしていくことが利益を増やすことにも繋がります。
シェアサロンで働く前にはまず、自分がどの程度の集客が可能かを考え、そこからどの程度の収入が得られそうか考えましょう。
ただし、顧客を増やしても施術ができる人数は決まってくるので、ある程度顧客が増えてきたら仕事の稼働率や効率的な働き方なども考える必要があります。

シェアサロンで働くときの集客ってどうやったらいいの?方法を解説

シェアサロンで働くときに大切になる集客ですが、実際にどうすればいいのか分からずにフリーランスに成るのをためらう人もいます。
集客の方法は様々ですが、主な方法は次の通りです。

  1. 美容ポータルサイトを利用する
  2. マッチングサービスを利用する
  3. ホームページやSNSなどを利用する
  4. 人脈を作る

シェアサロンの中には美容ポータルサイトに登録していて、美容師ごとに予約ができるシステムを利用していることもあります。
美容ポータプルサイトは個人で利用するのは難しいこともあるのですが、ポータルサイトに登録しているサロンを選ぶのも一つの手です。

2つ目の方法がフリーランスの美容師のためのマッチングサービスの利用です。
マッチングサービスとは、シェアサロンと美容師をマッチングするサービスのことですが中には集客もできるサービスもあります。
ただし、有料のサービスになる事が多いのでどのくらい集客できるのかを調べてから利用するのがおすすめです。

3つ目の方法がホームページやブログ、SNSなどを利用して自分を売り込む方法です。
ホームページやブログ、SNSなどで自分を売り込んでいくことで幅広い層に知ってもらえるきっかけになります。
実際に施術を施した髪型の画像や動画を掲載したり、メニューの価格なども掲載すれば興味を持った人が予約してくれる可能性があります。
ただし、ホームページやブログなどは検索した際に上位表示されないと集客に繋がらないこともあるので注意しましょう。
インターネットを利用した集客の場合、こまめにサイトやSNSを更新して固定客を増やしていくのが大切です。

最後の人脈ですが、美容室で働いていたことがある人の場合は元職場の同僚の紹介や顧客が集客に繋がることもあります。
地道な作業になりますが、フリーランスの場合は顧客を一人一人増やしていくことが大切なのでちょっとした人脈でも活用するのがおすすめです。

シェアサロンで働く際の集客で大切な能力とは

シェアサロンで働く際、集客で大切なのが自分を売り込む能力です。
人脈を利用して人の懐に飛び込む力や、自分の良さを分析してインターネットを活用して広めていく力など自己アピール力がとても重要です。
フリーランスの美容師の場合、ある程度能力が高くても集客する力がなければ仕事が成立しません。
とくに美容師は商品を売るわけではなく、ヘアカットなどの自分の技術を売り込んでいく仕事のため営業が難しくなります。
儲けを増やしていくには、自分から動いて能力を売り込んでいく力が必要です。

【収入・経費】シェアサロンを利用する前に集客と利益を想定しよう

シェアサロンを利用する前に集客と利益を想定する理由や方法についてくわしく説明します。

シェアサロンの集客には事前の分析が大切?その理由とは

シェアサロンで働きたいと思った時、すでに説明した通りどのくらいの集客があるのかを考えなければいけません。
しかし、どのくらいの集客ができるかを考えるためにも分析が必要になります。
今現在の顧客数、ひと月の間で予約をしてくれる平均人数、SNSなどでの宣伝効果などを分析して集客数を割り出します。

また、集客数は短期的な分析と長期的な分析の両方を行っておくと良いでしょう。
短期的な集客の分析を考慮してシェアサロンや契約するプランを決めつつ、長期的な集客の分析で今後の働き方について計画を立てるのがおすすめです。

フリーランスの美容師の集客を考えるときは利益も同時に考えよう

シェアサロンで働く際、集客数を考えるときには同時に利益についても考えましょう。
一日何人の施術を行えるのか、どんなメニューの施術をして、収入はどのくらいになるのかを考えることでシェアサロンでの働き方が明確になってきます。

この時、自己評価は甘くなりがちなので予想する利益には膨らみを持たせるのがベターです。
最低何人、平均的に何人のお客さんに施術をして、最低○○万円の収入、平均的に○○万円の収入になるなど予想に膨らみを持たせることで最悪の状況でも対処しやすくなります。

純利益を増やしていくには集客とシェアサロンの利用の仕方が大切

収入に対して、シェサロン代などの仕事でかかった経費を引いて残った金額が純利益です。
純利益を増やしていくためには、集客を増やしていくのも大切ですがシェアサロンの利用の仕方も大切になります。

集客をいくら増やしても、個人で施術できる人数は決まってくるため利益を増やすのは難しくなってきます。
フリーランスの美容師として利益を増やすためには、次のような方法があります。

  1. 経費を削減する
  2. 効率的に働いて一日にこなせる人数を増やす
  3. メニューの価格を上げる

基本的には上記の3パターンになります。

まず、シェアサロン代をなるべく減らしたいと思った時に料金形態やプランの見直しをするのがおすすめです。
ある程度稼げるようになっているなら、歩合制よりも時間制や月額制にした方が儲けが増えることもあります。

また、アシスタントを雇って働けるシェアサロンと契約するなどサロンの見直しをしてみるのも良いでしょう。
効率的に働いて、一日にこなせる人数を増やせば儲けを増やしやすくなります。

最後はメニューの価格自体を上げて、高い値段設定でも顧客になってくれるお客さんを相手に仕事をする人も多いです。

【利用時間・料金】シェアサロンで働く際の集客での注意ポイントは?

シェアサロンで働く際の集客での注意ポイントについてくわしく説明します。

シェアサロンで働く際の集客の注意ポイントは?

シェアサロンでの集客では、自分のこなせる人数を考えながら働くのが大切です。
儲けを増やそうとして一日で対処できない予約を取ってしまうと、シェアサロンで契約した時間を超えてしまう可能性があります。
集客が全くないのも困りますが、一日にどれだけの人数をこなせるのかきちんと考えながら仕事をしましょう。

なかなかシェアサロンでの集客が上手くいかないときには?

なかなかシェアサロンでの集客が上手くいかない時は、業務委託で一度働いてみるのも一つの手です。
同じフリーランスでも、業務委託は美容室のお客さんを相手に仕事をします。
自分で集客する必要がないので、業務委託で働きつつ集客力を磨いていくのも良いでしょう。

フリーランスの美容師になったらまずは集客の計画を立てるのもおすすめ

フリーランスの美容師になったときの集客の計画の立て方についてくわしく説明します。

フリーランスの美容師になったらまずは集客の計画を立てるのが大切?

フリーランスの美容師に成ったら、まずは集客の計画を立てるのがおすすめです。
集客できないと収入がないため、集客の計画は今後の働き方を決める大きな指針にもなります。
短期的な計画と長期的な計画を立て、上手くいかなかった時はこまめに軌道修正しながらシェアサロンで働くのがおすすめです。

シェアサロンで働く際の集客の計画の立て方は?ポイントを解説

シェアサロンでの集客の計画を立てるポイントは、自分の人脈や今までの顧客数、自己アピール力を客観的に分析することです。
すでに顧客になっている人や顧客になってくれそうな人の人数から、一日の平均的な集客数とひと月の平均的な集客数を分析しましょう。
平均的な集客数をどうやって増やしていくのか、自分の宣伝力や発信力を考慮しながら客観的に計画を立てましょう。

シェアサロンで働くフリーランスの美容師は集客が重要!

フリーランスの美容師になると大切になるのが仕事場ですが、シェアサロンは上手く利用すれば働き方の幅を広げてくれるシステムです。
しかし、ある程度集客の目処がないとシェアサロンで働くのは難しくなります。
業務委託で働くわけではなく、シェアサロンは自分で集客しなければいけません。
美容師としてのスキルを磨くだけでなく、自分を売り込む力や売上を増やしていく力などシェアサロンで働くには経営能力が必要です。
将来は独立して自分の店舗を持ちたいならシェアサロンはおすすめで、そのための経験としてシェアサロンで働く人もいます。
今回紹介したことを参考に、シェアサロンで働く前に集客について考えてみてください。

【保存版】シェアサロンは集客が大変?フリーランス美容師に大切な集客について徹底解説 【保存版】シェアサロンは集客が大変?フリーランス美容師に大切な集客について徹底解説